●CD-ROM 「診断物語」にようこそ
 このCD-ROM診断物語は一般的に行われている給排水管の劣化調査で、破壊・非破壊調査により採取された永年の資料を画像データ化したものです。対象管種は給水管についてはVLP鋼管および管端部コア無しコーティング継手です。また排水管についてはSGP管およびねじ込み式排水管継手です。
 様々な画像データは個々の部位、部材等の劣化の特徴を表しており、実際の調査で得られたデータとこの画像データを比較することにより、現段階の劣化状況がどのレベルであるかを把握評価いただけます。また今後の劣化進行の予測にもお役立ていただけます。
 劣化診断実務の補助資料として、営業用プレゼンテーションツールとしてご利用いただければ幸いです。
●CD-ROM「診断物語」の構成
CD-ROM「診断物語」の構成は、「はじめに」「劣化診断事例」「劣化診断機器」「劣化評価方法」「補助資料」「書式サンプル」の6つの章からなっています。
「劣化診断事例」では、給水管・排水管の劣化状態(初期・中期・終期)の実際の事例を紹介しています。
「劣化診断機器」
では、超音波・エックス線・CCDカメラ・ファイバースコープなどの非破壊検査機器とその検査試験方法が紹介されています。
「劣化評価方法」では、給排水管の劣化状態を初期・中期・終期・末期と判定する基準が解説されています。
「補助資料」
では、劣化診断手法や非破壊検査機器、劣化評価方法について有益と思われる補助資料を掲載しています。
「書式サンプル」では、集合住宅給排水管の劣化診断実務で必要となる書式サンプルをPDF形式で格納しています。この書式サンプルを利用して独自の計画書や報告書を作成することができます。しかし、この書式サンプルを出版物に掲載したり第三者に譲渡、販売、頒布すること、貸与および使用許諾することは法律により禁じられています。
 
 
●『ビデオで見る診断』(上のボタンをクリックして下さい)
 このページには非破壊試験の実際を記録した『ビデオで見る診断』が、「Windows Media Player」「Quick Time」の2種類のファイル形式で格納されています。お持ちのパソコンにインストールされているプレイヤーでご覧下さい。
 いずれもお持ちでない場合は、インターネットに接続した上で、プレイヤーのダウンロード先にリンクされている下のアイコンをクリックして、プレイヤーをインストールしてください。
 ※それぞれのリンク先のURLは2004年1月20日現在のものです。
 
※このチュートリアルではビデオを見ることはできません。音声ガイドを聞き直すには、ブラウザの「更新」をクリックして下さい。
※次に進むには、画面左にある「劣化診断事例」をクリックして下さい。
 
●Windows Media Player
のインストール
●Quick Time
のインストール